骨董の買取金額アップにのためにできること

骨董品は飾るだけでなく、
手放すことを考える人もいるでしょうが、
その際に骨董品買取業者にできるだけ高く買い取ってもらうためには、色々な工夫が必要となるものです。

金額アップにつながる工夫というのは品物によって異なります。

例えば、絵画の場合ですと、差し箱などがあった方が買取価格がアップしやすいですから、
箱を捨ててしまっていないのであれば、探してみて、そろえた状態で査定をしてもらうと良いでしょう。

また、状態の良さも買取価格に影響してきますので注意が必要です。

絵画の場合ですと、ヤケやシミ、カビ、絵の具の剥落など、色々なダメージが加わることが考えられます。
ですから、しまいっ放しにしておくと、状態が悪くなってしまうことがありますから、注意が必要です。

注意の仕方としては、部屋の風通しをよくしたり、湿度管理をしっかりとしておくといったものがあります。
骨董品の金額アップを目指すためには、売ると決めてから気を付けるのではなく、
入手をした時から丁寧に扱うことが重要と言えるわけです。

Posted under 骨董品の種類 タグ: , ,

骨董品の出張買取で贋作だとわかったら?

骨董品というのは贋作も非常に多く、よく出来たものから粗悪なものまで様々です。
そのため、出張買取を利用してそこで初めて偽物だと気づくということがあるものですが、
このような場合どうすれば良いのかというと所有者の考え方次第となります。

骨董品は贋作であっても良く出来たものであれば、それはそれで価値があるということがありますから
そのまま買い取ってもらうということも出来ますし、価値の無いものであれば捨ててしまうという
選択もあります。

偽物だとわかってほしいという人に譲るというのでも良いものですし、偽物だとわかったことで
気軽に扱うことができるインテリアとして活用をしてみるのも良いでしょう。

骨董品というのは単純に金銭的な価値だけでなく、所有している人にとって
価値が有るかどうかということも重要なポイントとなりますので、出張買取の結果として
贋作だとわかったとしても大事にしておきたいならとっておくのも良いですし、
処分が目的だったのであれば、素直に処分してしまうのも悪いものではありません。

Posted under 骨董品の種類 タグ: , ,

骨董品買取で品物のメンテナンスの影響は?

自慢の骨董品コレクションも、その数が増えてくると管理するのが大変になり、保管場所も限られている関係で、骨董品買取を考えていらっしゃるという方も多いでしょう。

骨董品買取においても、その他の中古品の買取の場合と同様に、コンディションの良いものであればあるほどその査定に良い影響がおよび、高額な査定価格を引き出しやすくなるものです。

そのためには、品物のメンテナンスがしっかりとされていることが査定者に分かるように、品物の状況をよく見極めて、適切な清掃や修繕を事前に行っておくことが重要です。

全く同じ時期に作成された、全く同じ品物であっても、きちんとメンテナンスをされて綺麗な状態を保っているものと、そうでないものとでは、買取価格が大きく違ってくる場合がよく見られます。

メンテナンスの影響はかなり大きいものだと言えるでしょう。

今まで所有者に大切にされていた品物は雰囲気で分かります。次の所有者のためにも、輝きを保った状態で引き渡すことを心がけたいものです。

Posted under 骨董品の種類 タグ: , ,

骨董品買取は相続税対策になる

骨董品などは財産的な価値のあるものは相続財産になるために相続したとき相続税の対象になります。また受け継いだ骨董品が高価なものであると税金が高くなり、その税金を支払うためにその骨董品を売ると無償で得たものを売却したので所得税も課税され、その金額も相当なものになります。

そのために相続対策のために買取してもらったほうがいいです。生前に本人が買取業者に売っても財産の換金ですので所得税がかかることがあっても購入経費があればほとんどかからないこともあります。

お金に換えても相続財産にはなりますが、課税されない枠での生前贈与はゆるされているの親からお金で譲り受けたり、または非課税の孫のための教育資金などで骨董品を売ったお金を譲り受けることや住宅購入の際の資金援助では500万円まで非課税なので価値のある骨董品であればこのぐらいにはなります。

要するに買取で処分して合法的にお金で譲ることは無駄に相続税を支払うことなく節税になります。

Posted under 骨董品の種類 タグ: , ,

骨董品買取でも人気の茶器について

骨董品買取で人気の茶器としては、抹茶を点てるための茶碗が代表的で、大変に古い歴史を有しています。

ご飯茶碗と似ているようであっても、実際には機能美などに大きな違いがあり、細部には茶道の美意識が体現されています。

骨董品としての価値が高いものは、名物としてふさわしい風格があり、同時に銘があるものです。

偽物も少なくありませんが、確かな本物だと分かる証拠が箱などに書かれていれば、価値は非常に高くなります。

茶器の歴史は茶道の歴史とともに発展し、天目などの様々な造形が生み出されてきました。

大陸から伝来した唐物茶碗は、かつては大変に珍重されましたが、日本国内でも優れた作品が生み出されるようになりました。
黄瀬戸や織部などの作品も人気があり、骨董品としての価値が高い銘品も残されています。

買取をしてもらう際には、全体的な状態も査定の対象となりますが、歴史的な背景は特に重要です。

有名な陶工が作った作品の場合でも、年代が経過するごとに骨董品としての価値が高まります。

Posted under 骨董品の種類 タグ: , , ,

骨董品買取で有田焼につく評価とは

骨董品買取で重要なのはお店選びです。どこで買取をお願いするかによってその評価は違ってきます。

有田焼の場合、他の食器や骨董品同様、カケやワレがあるかどうかが値段に影響します。
箱などの付属品もきちんと付いていれば値段もアップするでしょう。

有田焼の場合、十四代酒井田柿右衛門の作品などは国の重要無形文化財に指定されており非常に高額になります。

そのほかにも井上萬二や高森誠司など有名作家の作品を知っており、食器としてだけでない骨董品としての価値を充分に分かっている鑑定士のもとであれば評価が高く、高いお値段で買取をしてもらえます。

それぞれの鑑定士で得意分野不得意分野はあります。

大切な品をきちんとした評価をしてもらうためにもお店選びに注意しましょう。インターネットでお店を探すこともできますが、即日現金支払いを行なってくれるところ・10年以上の経験があるお店など信頼できるお店探しをしましょう。
お金を支払わない悪徳業者もいます。

Posted under 骨董品の種類 タグ: , , ,

仏像を骨董品として買取ってもらうポイント

仏像と聞くと、お寺に置かれた大きなものを想像する人がほとんどですが、一般家庭でも持っている人は多くいます。
そもそも、仏像は仏教の誕生と同時に存在してきた訳ではありません。

仏教が誕生してから約500年の間は、仏教が興ったインドでは作られていませんでした。

これは、釈迦の教えで偶像を崇拝することを許さなかったからです。
しかしその後時がたち、礼拝の対象として具現化した像が使われるようになり、様々な形のものが骨董品として流通するようになっていいました。

仏像を骨董品として買取ってもらう一番のポイントは、他の骨董品や美術品と同じく保存状態の良し悪しです。

保存状態が良く、割れや欠けがないものはそれだけ買取価値が高くなってきます。もう一つのポイントは、その素材です。

使われている素材の産地はどこなのか、希少性が高い素材であるかどうかによって価値が変わります。
また、様式も大切で、その造形から見分けます。正確な鑑定には、広い知識が必要です。

腕の確かな鑑定士のいるお店を選びましょう。

Posted under 骨董品の種類 タグ: , ,