税金はどのぐらい?家を売る時の知識

家を売るとなると、それなりにまとまった
お金を当然手にすることになります。新鮮

すると気になるのは税金のことです。

この世の中、何かお金を手にするような
ことがあれば、全て税がその後について
回ります。

知らなかったという言い訳は通用せず、
場合によっては脱税ということになりかねません。

また逆に、きちんと手続きをすれば戻ってくるはずだった
お金が、手続きを忘れていたために戻ってこなかった
ということも十分にあり得るのです。

さて、家を売る場合、売却価格そのものに対して
課税されるわけでは決してありません。

その意味では、びっくりするくらいのお金が
取られるのではないかと恐れる必要は
基本的にはありません。

いくらかのお金は控除されるからです。備える

それは、まずは家を買ったときの値段です。

買ったとき以上の価格で売るとき以外は
税金はかからないというわけです。

その他にも、売る家が自宅であるときには
3000万円までは控除されます。

つまり、売却価格と購入価格の差が3000万円以内の場合は
課税されないということになります。

ところで、気になる税率ですが、これはその家を
どれくらいの期間所有していたかによって
2段階の差があります。

5年を越えて所有していたときは約20%程度の
金額ですが、それ以下の場合はその2倍程度の
税率になります。

例えば購入時2000万円のマンションが
8年後に3000万円で売れ、それは自宅ではなく
投資用だったということであれば、差額の
1000万円の約20%、200万円が税金と
いうことになります。

Posted under 高く家を売るために タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)