築年数と家の売却との関係

家の売却を行う際には築年数は20年以下でないと
建物に評価が付かない場合があります。

これは木造住宅の税法上の耐用年数が、
22年と定められているためです。

一戸建て住宅の場合は建物に価格が
ゼロになっても、土地代は保たれるので
土地代だけの売却価格になってしまいます。

家を売却する場合は築20年になる前に
売った方がいいですが、ローンで購入した場合は
まだローンが残っている人も多いです。

その場合でも売却する事が出来ますが、
残っているローンを一括返済する必要があります。法則に従って

また築年数が20年以下でも条件によっては
早めに売却しないと、価格低下や売れなくなるような
家もあります。

例えば近隣の学校が廃校になっていたり、
スーパーが撤退しているなど過疎化が
進んでいる所は、住宅を探している人が
少ないので売却が難しくなります。

他にも個性的な間取りの家もなかなか
買い手が付かない場合があり、非常に広い
ワンルームや水回りの設備が2箇所ずつある
二世帯住宅などは個性的な住宅になります。

一般的な間取りの方が売れやすいですが、
買い手に条件にぴったりあった場合はすんなり
売却する事が出来る場合もあります。

築年数が経った家を売却する場合はリフォームを
行ってから売った方が、高く売れると思われています。

確かにうれやすさや価格に影響は出ますが、
リフォームにかかった費用がそのまま価格に
反映されるとは限らないためです。

買い手が安く購入して自由にリフォームしたい
場合も多いので、極端な傷みなどがないのであれば
そのままでも問題ありません。それぞれの