築5年の家を売るときに売りやすい理由について

一般的に不動産の物件は、誰かが1日でも住むと、
その価格は10パーセントほど落ちるといわれています。

築年数が浅いほど価格の落ちる率は高い傾向にあり、
1年ごとに新築の時よりも 1から2パーセントほど
値下がりするといわれています。

築5年の物件となると、約15から20パーセントほど
値下がりすると考えられているので、もしも新築で
3000万円で購入した家の場合には、築5年で
2400万円から2550万円ほどになるということがわかります。時期的に

築5年ほどの家の場合には、設備がまだ新しく、
家もそれほど傷んでいないので、家を売りたいと
思ったときにはできるだけ購入した時の価格に
近い価格で売りたいと思うものです。

しかし購入する側にとっては、築年数が浅いとはいえ
中古物件であるため、新築と同じような価格では
あまり魅力を感じないでしょう。

このように購入する側と売る側では、意識の差が大きく、
売買の成立も難しくなるのです。

物件の売り出しが少ない人気の地域や、家周辺の開発が進み
不動産相場が上昇している地域などでは、購入時に近い価格、
もしくはそれ以上の価格で売ることができる可能性もあります。

理由を考えるしかし、中古物件の価格は築5年を過ぎると
ぐっと下がることを頭に入れておきましょう。

それでは、築5年の家を売るときに
売りやすい理由としては、どのようなことが
挙げられるのでしょうか。

家を売る理由については人によって様々ですが、
築5年ほどのまだ新しい物件の場合には、なぜまた
新しい状態で手放すのだろうと気になる人も多く見られます。

親の介護、急な転勤、離婚、経済的な問題などの理由だと、
納得して購入を検討してもらえるでしょう。

Posted under 高く家を売るために タグ: , ,

できるだけ高く家を売るための極意。

家を高く売りたいと思ったら、それなりの家を
高く売る極意を知っておくと便利です。

最初は複数の会社に一括査定してもらうことです。

何事も買い手があっての売り物です。
買い手が争ってでも高く買ってくれないと高く売れません。

そのためには、沢山の会社に査定をしてもらって
少しでも高く買い取ってくれる会社に売ることです。

インターネットの一括査定を使えば沢山の会社に
査定をしてもらうことができます。

次は、売り手も知識不足では騙されるだけです。

そこで、その査定の際に出来るだけ
いろいろな話を聞きだすことです。

例えば、自分の家の地域の相場です。

査定を知れば、相場よりも高く売るという
目標ができます。新鮮な空気

さらなる極意は、掃除またはハウスクリーニングです。

誰でも綺麗な家を買いたいのは人情です。
そういうことは綺麗だと「買いたい」気持ちが
生まれやすくなり、多少高くても「買おう」という
気になります。

そこで、売る家を綺麗にする努力が大切です。

例えば、徹底したお掃除です。
特に家の中の嫌なにおいはマイナスなので、
消臭にも気をつけて掃除をして第一印象をよくするための
努力をしておくことです。証

もし掃除が大変な時は、ハウスクリーニングに頼むと
専門業者なのでとても印象が良くなります。

同じ理由で庭のお手入れなどをしておくと効果的です。

草の手入れが行き届き、花が咲いている家は
印象が良いです。

印象を良くすることがコツです。
最後の極意は押し売りをしないことです。

押し売りをすると足元を見られて安く買い叩かれて
しまうからです。

それよりも、数社に査定してもらった価格を元に、
一番高い会社の査定価格を二番目や三番目に高い
金額を提示してくれた会社に見せて更なる交渉をして
価格を吊り上げた方がよいです。

Posted under 高く家を売るために タグ: , ,

税金はどのぐらい?家を売る時の知識

家を売るとなると、それなりにまとまった
お金を当然手にすることになります。新鮮

すると気になるのは税金のことです。

この世の中、何かお金を手にするような
ことがあれば、全て税がその後について
回ります。

知らなかったという言い訳は通用せず、
場合によっては脱税ということになりかねません。

また逆に、きちんと手続きをすれば戻ってくるはずだった
お金が、手続きを忘れていたために戻ってこなかった
ということも十分にあり得るのです。

さて、家を売る場合、売却価格そのものに対して
課税されるわけでは決してありません。

その意味では、びっくりするくらいのお金が
取られるのではないかと恐れる必要は
基本的にはありません。

いくらかのお金は控除されるからです。備える

それは、まずは家を買ったときの値段です。

買ったとき以上の価格で売るとき以外は
税金はかからないというわけです。

その他にも、売る家が自宅であるときには
3000万円までは控除されます。

つまり、売却価格と購入価格の差が3000万円以内の場合は
課税されないということになります。

ところで、気になる税率ですが、これはその家を
どれくらいの期間所有していたかによって
2段階の差があります。

5年を越えて所有していたときは約20%程度の
金額ですが、それ以下の場合はその2倍程度の
税率になります。

例えば購入時2000万円のマンションが
8年後に3000万円で売れ、それは自宅ではなく
投資用だったということであれば、差額の
1000万円の約20%、200万円が税金と
いうことになります。

Posted under 高く家を売るために タグ: , ,