離婚で家を売却する際の注意点

マイホームを購入した後に、離婚をすることに
なるというケースも多いものです。

離婚をすることになった場合には、そのマイホームは
どちらか一方が住み続けるか、家を売るという
方法がとられるでしょう。

離婚で家を売ることになった場合には、どのような
注意点があるのでしょうか。

家を売るには、住宅ローンの支払いを一括で
行わなければなりません。

aitatその理由としては、担保として設定された
自宅の抵当権を外す必要があるからです。

住宅ローンを支払い中の家を売却することに
なった場合には、家を売却して得ることの
できたお金や貯金を、住宅ローンに
充てることになるでしょう。

売却価格が住宅ローンの残高よりも高ければ、
ローンを完済することができ、離婚の際にも
何も問題なく売ることができるでしょう。

問題はローン残高が売却価格を上回る場合です。

しっかり前を見て家を売って、そのお金を住宅ローンに
充ててもローンの残高に届かない
場合には、売却額だけでは
ローンを完済することはできません。

足りない分を貯金で賄えない場合には、
無担保ローンなどをくむ必要もあります。

もしも住宅ローンを全額返済することができずに
抵当権を抹消できなければ、離婚のときに
家を売りたくても売れなくなってしまいます。

こうなるとどちらか一方が今まで通り
住宅ローンを返済しながら住み続ける必要があります。

ローンの残高がなくなれば家を売ることができ、
離婚の際の慰謝料や財産分与などの協議を
進めていくことができるでしょう。

Posted under 高く家を売るために タグ: , ,