オゾン療法で自然治癒力の向上|美容皮膚科

美容皮膚科ではオゾン療法により自然治癒力を
高めることが可能なので、風邪やアレルギーなどの
疾患が気になる方におすすめします。

身体が疲れているときは非常に風邪をひきやすい
状態にあり、疲労から心身のバランスを崩すことは
少なくありません。

風邪を引きやすい

オゾン療法は血液を綺麗な状態に変えることができるので
抗酸化力がアップして活性酸素に強力に対抗できるように
なります。

血液は食生活や喫煙・過度の飲酒などの影響を
大きく受けるので、生活習慣には常に気を配る
必要があります。
しかしどんなに注意しても老化に逆らうことはできず、
年齢を重ねるほど動脈硬化のリスクは上がって
いくでしょう。
自然治癒力とは病気を自然に治すための免疫力のことで、
これが低下してしまうと病気のリスクがぐんと
跳ね上がります。そこで血液クレンジングで若返りを目指すことも
増えています。

ちなみに血液クレンジングとは?何のことでしょうか?

がんや心筋梗塞・脳梗塞などの三大成人病のリスクも
上がるので、健康に長生きするためにも常に血液は
綺麗にしておきましょう。

血液が全身に栄養素を送り届けているため、
ドロドロよりもサラサラのほうが何倍も健康的です。

普段血液に関して意識する人は少ないですが、
血液が止まると生命活動はストップしてしまいます。
昨今の意識高い系20代は興味ありです。

20代

クルマに例えるとオイルに相当するため
常にサラサラにしておく必要があるわけです。

オイルが汚れてくるとクルマの性能が低下するように、
それが人間の身体だと老化が促進されます。

抗酸化力が低下した状態は病気になりやすいですし、
肌トラブルのリスクも高くなっています。

美容皮膚科のオゾン療法は自然治癒力を高めるだけでなく、
冷え性の解消にも効果的です。冷えを感じやすい人の
特徴として血行不良があり、特に毛細血管が収縮する
手足が冷えやすくなります。

冷えは体温を低下させて免疫力を下げてしまい、
その影響は胃腸にも表れてきます。

胃腸を元気にすることが免疫アップのコツですから、
免疫を高めるためにもオゾン療法がおすすめです。

血流を勢いよく全身に運搬することで、
手足などの末端も温めることができるでしょう。

血液の量は「体重の約13分の1」って知ってた?血液の基礎知識

血液は食生活や飲酒などの影響を受けるので、生活習慣について気を配る必要があります。血液成分にはいろいろな働きがあり、身体において栄養物を運んだり老廃物などを排出する作用があります。

人の血液の量は体重の約13分の1で、例えば血液量の12%について献血しても医学的に問題がありません。

献血した後の血液量は水分を摂取することで短時間において回復することが可能です。
血液成分が回復するスピードは成分によって異なり、回復する速さも個人差があります。

一般的に血漿成分は2日ぐらいで、血小板成分の場合4~5日で回復することが可能です。赤血球は2~3週間で回復することができます。

人体に必要な要素になる酸素やホルモンなどを運ぶ大事な役割を果たしていますが、体内に流れているのは温かい血液です。
血液や抗凝固剤などを試験管に入れると2つの層に区分されるようになり、上層に浮かぶ液体が血漿になります。栄養分をいろいろな組織に運び、組織呼吸の結果からできた炭酸ガスや老廃物などを排出する働きがあります。

下層において沈殿しているのが血球で、赤血球や白血球、血小板からなっていて体内で循環する時、血漿が約55%で血球が約45%です。
血漿と血球は両方とも生命を維持するのに大事な役割があります。

血漿の場合、90%は水分になっていて固形成分は10%です。
固形成分のものは血液凝固因子やグロブリン、アルブミンといったタンパク質で、無機塩類や糖質、脂質などを含んでいます。

組織呼吸の結果によってできた炭酸ガスなどを肺に運ぶことができ、空気中へ放出することが可能です。

栄養成分を体内の組織に運ぶことができ、生じた代謝老廃物などを腎臓から排出し血圧保持に利用しています。

赤血球の場合、成人は血液1μLに対して男性で500万個あり、女性で450万個あります。
幼児では690万個ぐらいで、寿命は骨髄において作られて脾臓で壊されるまで120日間です。

赤血球にあるヘモグロビンは肺によって酸素を取り込んでいて、体の各部に運搬されている仕組みです。
血小板の場合、血液1μLに14~36万個あり、大きさは直径2~3μmで円盤状になります。

血管の損傷部位において血栓を作り、止血することが可能です。白血球の場合、成人は血液1μLに7,500個あり、顆粒球や単球・リンパ球などからなっています。

前者の二つは骨髄で産出されていて、後者はリンパ組織において産生される仕組みです。
顆粒球は細菌などの物が侵入した場合、貪食作用によって捕らえることができ、消化や殺菌・溶解させるなどの生体の防衛機構である免疫と関係しています。

毒素を中和したり、アレルギー反応に関係しているとされています。単球は大食細胞に変化し旺盛な貪食能によって、老廃物や異物などを処理することが可能です。リンパ球は免疫や抗体産生などに関係しています。