オゾン療法でがん治療|美容皮膚科

近年、美容で注目されているのが、アンチエイジングなどの
効果がある「オゾン療法」です。

「血液クレンジング療法」とも呼ばれる治療方法になります。
美容皮膚科などの美容を専門としたクリニックなどで
行うことのできるオゾン療法ですが、これは100〜200㏄の
血液を採血し、そこにオゾンガスを注入することで
血液を活性化させて、点滴の要領で体内に戻すという
施術です。

ヨーロッパ全土で広く知られている療法で、
特にドイツでは保険適用となっており様々な病気の
治療方法として活用されています。

オゾン化した血液を体内に戻すことによって、
血液中の様々な分子が反応します。

その反応が様々な反応を引き起こすことで
体に対して良い作用がもたらされます。

日本ではアンチエイジングなどの美容方法として
利用されていますが、ヨーロッパではがんの治療効果も
あるとして、放射線治療や抗がん剤などの治療効果を
高めたり、副作用を弱めたりする作用が認められています。

具体的な効能としては、がん細胞の増殖を抑える
インターフェロンの増加や、免疫力を調整したり
がん細胞を壊死に導く、白血球や赤血球の生産を
促すなどの免疫力の増強に役立ちます。

オゾンは酸化作用の高いものですので、体内に
入れることによって抗酸化作用を高めることができます。

抗酸化作用が高まれば病気の予防や、シミやシワなどの
アンチエイジング、血液循環を改善することができ
冷え性の解消などにつながります。

また血液の循環が良くなれば肩こりや慢性疲労などを
改善し、抗アレルギー作用によってアトピー性皮膚炎や
気管支喘息、花粉症の緩和することにも良いとされています。

また、美容としては女性ホルモンを刺激するということで
肌のハリを高めたり美髪にするなどの作用もあるほか、
血液の流れが良くなることでダイエットしやすい
体質にもなります。

定期的に行うことで効果を高めることができ、
健康なら2〜4週間に1回程度の施術がオススメです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)