築5年の家を売るときに売りやすい理由について

一般的に不動産の物件は、誰かが1日でも住むと、
その価格は10パーセントほど落ちるといわれています。

築年数が浅いほど価格の落ちる率は高い傾向にあり、
1年ごとに新築の時よりも 1から2パーセントほど
値下がりするといわれています。

築5年の物件となると、約15から20パーセントほど
値下がりすると考えられているので、もしも新築で
3000万円で購入した家の場合には、築5年で
2400万円から2550万円ほどになるということがわかります。時期的に

築5年ほどの家の場合には、設備がまだ新しく、
家もそれほど傷んでいないので、家を売りたいと
思ったときにはできるだけ購入した時の価格に
近い価格で売りたいと思うものです。

しかし購入する側にとっては、
築年数が浅いとはいえ中古物件であるため
新築と同じような価格では
あまり魅力を感じないでしょう。

このように購入する側と売る側では、意識の差が大きく、
売買の成立も難しくなるのです。

物件の売り出しが少ない人気の地域や、家周辺の開発が進み
不動産相場が上昇している地域などでは、購入時に近い価格、
もしくはそれ以上の価格で売ることができる可能性もあります。

理由を考えるしかし、中古物件の価格は築5年を過ぎると
ぐっと下がることを頭に入れておきましょう。

それでは、築5年の家を売るときに
売りやすい理由としては、どのようなことが
挙げられるのでしょうか。

家を売る理由については人によって様々ですが、
築5年ほどのまだ新しい物件の場合には、なぜまた
新しい状態で手放すのだろうと気になる人も多く見られます。

親の介護、急な転勤、離婚、経済的な問題などの理由だと、
納得して購入を検討してもらえるでしょう。