カテゴリー
オゾン療法の詳細 セルフマッサージ 血液の流れを良くするメリット

椅子に長時間座るのは問題

新型コロナウイルスは日々の生活を大きく変えました。仕事も在宅勤務になって、家から全く出ない生活をしている方が少なくないはずです。

ただ、家にいる時間が長いということは、座っている時間が自然と増えてしまうため、ふくらはぎなどの血流が悪くなってしまい、むくみや足の不調が生じてしまう可能性が高いです。オゾン療法などで改善することが可能ですが、オゾン療法を行う前になぜ問題が生じているのかを理解しないといけません。

通勤する場合は歩くだけでも適度な運動になるのでむくみなどが生じることが少なかったのですが、家にいるとデスクやソファなどで過ごしてしまうことがほとんどなので、1日で動く機会がかなり減少しているのが要因です。

ストレッチで予防

1時間に1回くらいのペースでストレッチなどをすれば防止できますが、仕事に集中しているとなかなか行えないのが現状になります。足の不調のセルフチェックとして、階段や坂道を歩くのが苦痛になった、いつもより歩くのが遅くなった、すぐに疲れてしまうことなどが挙げられます。

オゾン療法は費用がかかるので、その前にできることは実践した方がいいです。難しそうに思うかもしれませんが、実際にやってみると誰でもできます。

血行を自分で改善することができる

具体的にどうやって改善するのかというと、血行促進のセルフマッサージです。オゾン療法に頼りたい考えは理解できますが、オゾン療法の前に自分でケアをしてみてください。

血行促進

ポイントは血流を心臓に戻すことです。両手で足首を覆うように持って、力を入れてアキレス腱や膝に向けて血流を押し上げてきます。滞っている血流が改善されると、足の不調だけでなく冷え性や不労回復にも効果があります。

また、足裏のマッサージも効果があるのでおすすめです。握りこぶしを作り、土踏まずの真ん中からこぶしの第二関節を使ってマッサージしていきます。足裏は脂肪が少ないため温めるだけでも血行促進に繋がります。

オゾン療法に頼るのは簡単ですが、それに頼ってしまうと根本的な解決にはならないです。座りっぱなしを防止したり、適度な運動も取り入れるべきです。別に激しい運動を行うべきというわけではなく、気軽に行えるウォーキングで十分です。30分のウォーキングで効果があるので、時間を見つけて行ってみることをおすすめします。

血行が悪くなっていても、セルフマッサージや生活習慣の見直しで改善することが可能です。そのままの生活を続けてしまうのは絶対にダメです。

カテゴリー
クリニック 美容皮膚科

マイヤーズカクテル点滴でエイジングケア

血管年齢や骨密度や内臓脂肪レベルや血糖値や尿酸値や血圧や中性脂肪値や肝機能数値やコレステロール値が軒並み悪い、代謝低下が年々顕著になり血流障害も伴ってむくみや肥満や肩こりや腰痛や冷え性が慢性化、シワやシミやたるみや白髪や薄毛やスタイルの崩れのせいで実年齢よりも上に見られがちなど、加齢に伴う健康不安・見た目の悩みがある方は多いのではないでしょうか。

老化現象

そんな老化現象に悩む方に試して欲しいのがマイヤーズカクテル点滴です。マイヤーズカクテル点滴は強力なアンチエイジング効果が期待できる治療メニューで、細胞レベルでの根本からの若返りが叶うと評判です。

生活習慣病を改善させたり予防したりするための治療、サプリメントや保湿ケアや美白ケアやフェイシャルエステや美容治療で肌のエイジングサインを取り除く、運動と食事で巡りの良い体質を作るなど、体質や悩みや目的に応じたエイジングケアをするというのが一般的です。

マイヤーズカクテル点滴でのエイジングケアなら、全ての老化現象にアプローチすることが出来て様々な悩みを一気にまとめて解消させることが可能です。細胞の健やかさ・若さを保つことが、根本からのアンチエイジングにつながります。

米国メリーランド州の開業医開発のマイヤーズカクテル

コエンザイムQ10やリコピンやカカオポリフェノールやアルファリポ酸やアスタキサンチンを摂取して活性酸素を撃退する、潤いチャージや紫外線対策やインナーケアで肌のバリア機能を向上させターンオーバーを促す、禁煙や食事制限や運動や質の良い睡眠で生活習慣病とは無縁の体質に導く、糸リフトやヒアルロン酸注入やハイフやボトックス注射で見た目的な若々しさを取り戻すなど、健康法や美容法は巷に溢れていますが、今注目されているのがマイヤーズカクテルです。

マイヤーズカクテルは米国メリーランド州の開業医のマイヤーズ考案の治療法で、エイジングケアや疲労回復のためのコンディショニングとして取り入れるひとが増えてきています。疲労回復目的で受ける人が急増中です。

倦怠感や疲労感

倦怠感や疲労感や肩こりや腰痛や血行不良や不眠など原因不明の不調が加齢とともに顕著になり、重苦しくて不快な生活を強いられているという方にお勧めの治療メニューです。

体調回復や疲労回復に役立つ治療と言えばにんにく注射が主流ですが、ビタミンとミネラルを高濃度でバランスよくチャージできるマイヤーズカクテルは、にんにく注射よりも高い効果がもたらされると言われて
います。

カテゴリー
クリニック 美容皮膚科 血液の流れを良くするメリット

ビタミンC注射でコラーゲンの生成のサポート

年齢と共に肌はたるんでハリがなくなってしまいます。これは本来体内に存在する保湿成分であるコラーゲンが、だんだんと減少することが関係しています。

コラーゲンはサプリメントやスキンケア用品で補給することができますが、最も効果的なのは直接皮膚に施すビタミン注射です。角質へとしっかりビタミン成分の注入が可能です。

ビタミンC

ビタミンCは美肌に欠かせない成分として知られています。皮膚に潤いをもたらすコラーゲンの生成をサポートする作用もあります。

また肌の免疫力もアップして本来の肌力も回復させてくれるでしょう。シミの予防にもつながりますし、ビタミンCを補給すると肌の若返りを期待できます。

ビタミンCはレモンやトマトといったフルーツや野菜に含まれていますが、それらをたくさん摂取するのはなかなか難しいです。水に溶けやすい性質もあり食べ方にも工夫が必要です。野菜や果物が苦手な人も見られます。

だからこそ活用したいのが、ビタミン注射です。ビタミン注射で肌の保水力を取り戻しましょう。美容外科やエステなどでビタミン注射の治療を受けることができます。ビタミン注射であれば、野菜嫌いの人も問題なくビタミンC補給が叶います。

高濃度ビタミンC点滴でさらに肌に潤いを

ビタミン注射の中でも特に効果が高いとされているのが、高濃度ビタミンC点滴です。点滴を行うと、血中のビタミンC濃度が高いレベルに上がります。

その結果、強力な抗酸化作用を発揮できます。人間の体は酸化すると老化が進むので、抗酸化作用により活性酸素を抑制してアンチエイジングにつながるのです。点滴で入れると血中濃度が20~40倍にもなり、さらに血流で隅々までビタミンCが行き渡るのもメリットです。

アンチエイジングケア

点滴は体内への吸収率も良くて、肌の保水とハリの回復に最適です。だいたい目安としては2週間に1回の頻度で点滴を受けるのが望ましいでしょう。ビタミンCは体内に貯蓄できないため、定期的に受ける必要があります。

ビタミン注射は5分ほどで、高濃度ビタミンC点滴は約30分かかります。とは言え入院する必要もなく、すぐに日々の生活に戻ることができるのも魅力です。とても細い針なので痛みもそれほどなくて、痛い治療が苦手な人でも安心です。

年と共に肌にハリがなくなってきたと悩んでいる人や、スキンケア用品を使っても思うように肌が回復しない人におすすめの施術方法と言えます。今や多くのクリニックやエステサロンで行われている人気メニューです。

カテゴリー
クリニック 美容皮膚科 血液の流れを良くするメリット

事前にしっかりと検査をするから安心

血液クレンジングの治療の流れは、まずはカウンセリングが実施され、担当医から詳しい説明が行われ質問があれば何でも答えてもらえます。つづいてG6PD検査を行い、赤血球の中にあるG6PDと呼ばれている酵素が欠損することで発症するG6PD欠損症の有無を調べます。

血液を採取する

もしもG6PD欠損症が発症している状態で血液クレンジングを受けると溶血性貧血を引き起こし、動悸や息切れ、倦怠感などの症状が出ることがあります。それを未然に防ぐためにもG6PD検査は重要で、事前にしっかりと検査をするので安心です。

検査で問題が無ければいよいよ血液クレンジングが開始され、通常は血液を100cc採取してチューブから専用の容器に送り、医療用のオゾンガスで血液をクレンジングして活性化しますが、年齢や体調に応じて採取量やオゾン量を変えることもあります。

この血液を再び体内へ戻すというサイクルを、約45分間繰り返せば完了です。血液クレンジングにより活性酸素が取り除かれた血液が体内に戻されることで、疲労やストレスからの回復が望めます。施術が終われば特に何もせずすぐに帰宅することができ、ダウンタイムも必要なく日常生活に戻ることができます。

継続することで効果を実感

血液クレンジングは個人差はあるものの、早い方では初回の1回で効果の実感がある方もいます。仮にその日のうちに体感が無くても血液の浄化と活性化により自己治癒力や抗酸化力の強化のほか、血液の循環の改善や免疫力の向上など様々な効果が期待できます。

血液クレンジングの施術の回数は最初の1ヶ月は週に1回、以降は月1回というサイクルを繰り返しますが、大半の方は2ヶ月目に差し掛かった頃に効果の実感をする方もいます。

最初は年齢や体調などを考慮して血液クレンジングを実施しますが、効果の観察やカウンセリングなどを通して血液の採取量やオゾン濃度を調整することから、約3回目でベストな量や濃度が定まるケースも多いことから、3回目以降に効果の実感ができる方が最も多いボリュームゾーンとなっています。

定期的に通院

血液は毎日の生活で変化をするので、1回施術を受けても放置すれば再び施術前に戻ってしまうことがあります。そのため、定期的に通院して血液クレンジングを継続することが大切で、医師が指示したローテーションを守って一定回数以上の施術を受けた時に、以前と比較して疲れにくくなった、健やかに毎日を過ごせるようになったなど具体的な感覚が現れます。

カテゴリー
美容皮膚科 血液の流れを良くするメリット

サーチュイン遺伝子により寿命が延びるしくみ

最近の研究により、食事の量を減らしエネルギー摂取量を少なくすると動物が若々しい状態を保つということが見出されています。この様な事は、人類に近い猿においても研究が行われ明らかとなって来ました。

その仕組みについては様々な考察がされましたが、サーチュイン遺伝子が活性化することで老化防止が促されているのではないかと言われています。

若返り遺伝子と呼ばれるこの遺伝子が、飢餓状態になり活性化することで老化が防止され寿命が延びるという風に言われるようになってきました。その仕組みについては、人類の歴史の中においてほぼ飢餓状態の状況が長く続くことにより、なんとか生き存えるためにこの若返り遺伝子が活性化したために老化が抑えられたのではないかという風に言われています。

老化を抑える

食事量を制限してこの若返り遺伝子を活性化させ、いつまでも若々しくいようとする療法が行われていますが、老人などの場合においては、このような食事制限というのは難しいものがありますので、遺伝子を活性化する物質として知られるようになってきたNMNを活用したNMN点滴療法が行われるようになってきました。

このNMN点滴療法により、お年寄りの人々達の老化を進めないようなことが行われるようになってきています。

NMN点滴療法について

上で述べたように、若返り遺伝子を活性化することにより老化防止が行われるわけですが、よく知られた方法として食事制限などによるエネルギー制限のようなものとは別に、NMNを点滴により投与して体内に取り込むNMN点滴療法が行われるようになってきました。

NMNは、最近の酵母の研究により明らかになった物質であり、若返り遺伝子を活性化することで知られています。

ビタミンB3

NMN自体はビタミンB3から体内で作られることが知られていますが、この生産量が年齢とともに低くなり若返り遺伝子の活性化能力が下がるため老化が進むという風に言われます。従って、NMN点滴療法を利用することで積極的にNMNを体内に取り込み、若返り遺伝子を活性化しようという試みが行われる様になってきました。

NMN点滴療法の特徴は、単にNMNを点滴で投与するだけですので大変安全なもので、お年寄りにも無理なく処方ができる事です。

このNMN点滴療法を行う事により、若返り遺伝子を活性化させいつまでも若々しい状態を保とうと言うことが積極的に行われるようになってきました。

具体的な効果としては、いつまでも元気で動けるということや肌などについてもいつまでも若々しい状態が保たれるということが知られています。

カテゴリー
美容皮膚科 血液の流れを良くするメリット

プラセンタ点滴でアンチエイジングを叶える

年齢とともにお肌の保水力はおちてしまい、乾燥したりシミができやすく、
ほうれい線ができてしまったり、たるんできたりします。

それはコラーゲンの減少なども影響しているのですが、
有効成分を取り入れていくことでお肌の状態はとてもよくなっていきます。

コラーゲン、ヒアルロン酸、そして今注目されているのがプラセンタです。

プラセンタは、細胞を活性化させる働きがあり、美白や美肌効果があります。

また、それだけではなく、プラセンタは更年期障害の症状も緩和することが期待できます。

更年期の症状を緩和

むくみ、冷え症、めまい、など、さまざまなところで効果があります。
アンチエイジングとして何かできることはないかと考えている方は、プラセンタ点滴はおすすめです。

ちなみに、プラセンタ点滴は、サプリメントやドリンクですと、豚や馬のものが使用されることが多いのですが、美容クリニックで施術を受ける場合はヒトのものが使われますのでより効果が大きいと言われています。

サプリメントなどは毎日飲むことが理想的ですが、点滴ですと週に1回程度で
効果が持続しますので、頻度が少なくてすみます。
また、吸収率も高くなりますので、効果を実感しやすいです。

良いクリニックの探し方

プラセンタ点滴は保険が適用になりませんので、各クリニックによって
少し価格が異なります。

相場は一応ありますが、比較した上でカウンセリングをしてみると良いでしょう。

特に日頃から美容クリニックに通う習慣がない方にとって、どういった基準で良いクリニックを探せば良いのか判断しにくい部分もあるでしょう。

中々簡単にはわからないかもしれませんが、電話対応で様子をみたり
口コミでできる限り情報収集してみたり、また実際に訪ねてみて
フィーリングで良いイメージを持てるか、清潔感を感じられるような
外観であるかなど、可能な範囲で見極めることも大切な第一歩です。

治療前の情報収集

もし1回施術を受けてみて合わなかったと思っても、別のクリニックで試してみたら対応も良く大きく印象が変わる可能性もありますので、自分のためだと思って気長に探してみても良いでしょう。

また、副作用はほとんど報告されていないのですが、献血はできなくなりますので
それだけ知っておきましょう。

カテゴリー
オゾン療法の詳細 美容皮膚科 血液の流れを良くするメリット

発ガン物質以外にも美容や健康にも良いビタミン

ビタミン点滴にはいくつか効果が期待できますが、発ガン物質を無毒化することも期待できることのひとつです。

ビタミン点滴に含まれる成分のビタミンには、コラーゲンの合成を促進させる働きもあります。
身体の基礎となる栄養素はたんぱく質で、タンパク質の約30%をコラーゲンが占めており、皮膚や粘膜、血管、筋肉などを作る時に必要な成分です。

また体内で発生する有害な活性酸素を無毒化する働きもあります。
活性酸素は攻撃力の強く、細胞の老化を促進することでの心臓病やガンなど、生活習慣病を誘発する可能性もあります。

日常生活や仕事などでストレスを感じると、副腎からアドレナリンなど抗ストレスホルモンを分泌します。
ビタミン点滴にも含まれるビタミンには、抗ストレスホルモンの生成にも利用されています。

ストレスをなくす

ビタミン点滴は、骨を強くする作用も期待できます。
ビタミンによって作られたコーラゲンは骨の成分でもありますが、骨へカルシウムの沈着を促して骨を強くすることも可能です。

顔などにあらわれるシミのもとになるメラニンの生成を抑える働きもあるので、ビタミン点滴には、発ガン物質を無毒化するだけではなく、美容や健康にも効果的です。

正常細胞を守ってガン化を抑制

ビタミン点滴は正常細胞を守ることができるので、ガン化することを抑制することも期待できます。

点滴に含まれるビタミンには、胃ガンなどの原因となるニトロソアミンという発がん物質が体内で作られることを抑止します。
発生したニトロアミンに働きかけて無害化するだけではなく、抗ガン活性のある免疫物質を促進するため、ガンになりにくい体になることもできます。

ビタミン点滴には、コラーゲンの合成促進や抗酸化作用、免疫サポート機能などの作用もあるので、正常細胞を守ってガン化の抑制が期待できるのです。

ガンから身体を守る

 

ビタミン点滴の目的はガン化の抑制だけではなく、疲れがとれないという人や、免疫力を向上させたい時、風邪をひきやすい人やストレスがたまりやすい人、日焼けをする人、喫煙者や肌のトラブルがある場合などにも効果を発揮します。

この点滴に使用されるビタミンは、細胞を痛めないため副作用は殆どないので安心して利用することができます。

日々の生活の中でうけるストレスは多く、ビタミンは必須な成分です。

血管などで起こる過度な老化や、抗酸化力や免疫力を高めてガンなど病気に強い体を作るためにも、食事で摂取するだけでは不足気味なのでビタミン点滴を上手に利用することも良い方法です。

カテゴリー
オゾン療法の詳細 クリニック 美容皮膚科

オゾン療法とはどのようなもの?

オゾン療法とは、ヨーロッパ諸国を中心に知られている治療法で、日本では2017年4月から開始されました。体にもたらす作用としては、疲労や肩こりなどの慢性症状の改善や効果を上げるなどがあり、多くの医師から支持されています。

また、病気の予防や治療のみならず、運動能力の向上や老化予防にも有効とされ、継続して行うことでより高い効果をもたらします。

健康に有効的

オゾン療法には2種類があり、100~200ccの血液を専用の瓶に採血し、それにオゾンガスを混合してオゾン化した血液を体の中に戻す「大量自家血療法」と、3~5ccの血液をオゾン化して、筋肉注射で体の各所に打つ「少量自家血療法」があります。

オゾン化した血液で本来ならば有害な作用をもたらす微量の活性酸素が体内に発生しますが、逆にストレスを与えることで人間が本来持つ抗酸化力が強化されます。

オゾン療法を行うことで血液が活性化し、ドロドロして血管内を流れにくくなっていた血液が浄化されてさまざまな体調不良を改善する効果があります。

血管は全身に張り巡らされており、細胞に栄養素を送り込んだり老廃物を掃除する役割を持っていますので、血液を浄化することは全身に良い影響を与えるのです。

オゾン療法の効果が期待できる疾患と副作用

オゾンによる作用で血液中の赤血球が全身の細胞に酸素を補給する「スーパー赤血球」に置き換わり、酸素化によって細胞が活性化されて免疫力や代謝をアップさせます。

また、血行が良くなるため日常生活によるストレスで溜まった活性酸素を除去したり、自然治癒力を高めます。効果が期待できる疾患にはアトピー性皮膚炎などの皮膚病全般から慢性疲労、肩こりと頭痛や腰痛、気管支ぜんそくなどがあり、他にも活性酸素が除去されることによるエイジングケアも期待できます。

また、オゾン療法は単独での治療ばかりではなく、さまざまな難病治療と併用することができます。特に抗ガン治療と併用すると、薬剤による副作用の軽減や効果増強がみられます。

オゾンに炎症を抑制する働きもあることから、疼痛管理にも効果を上げることが可能です。

気になるのが副作用ですが、オゾン療法の安全性に関する論文によると、副作用が発生する確率は0.0007パーセントと限りなくゼロに近い数値となっています。

研究結果

更に2000年以降はオゾン耐性シリコンの点滴材料が開発されているため、これまで日本において副作用の報告はありません。このような効果のあるオゾン療法は治療時間も30分程度であるため、定期的に治療を受けることが推奨されています。

カテゴリー
オゾン療法の詳細 美容皮膚科 血液の流れを良くするメリット

冷え性で悩んでいるのならオゾン療法を

女性の中には冷え性で悩んでいる人がとても多いです。夏は暑いとは言え、屋内では冷房を使っていますからそれが原因で夏も手や足が冷たくなって不快な思いをしていませんか。クーラーを使わないと夏は暑いので快適に生活することはできません。とは言え、冷房が苦手な人にとっては辛いことではありませんか。最近では、男性も冷え性で悩んでいる人が増えていると言われているので、女性だけの問題ではありません。

男性の悩み

オゾン療法は、冷え性対策にぴったりなので悩んでいるなら受けてみると良いです。血液クレンジングとも言われています。一定の量を採決して、その血液に医療用オゾンを投与します。その血液を20分くらいかけて体内に戻すと言う方法です。黒かったのが赤い血液に変わるほど、劇的に状態が改善します。

血液の状態が悪くなっていることもあって血流が悪くなり、冷え性に悩まされているのでしょう。そういう人が、オゾン療法を受ければ体が冷えなくなります。血流が改善されますので、他にもいろいろな不快な症状を感じていた人も全てが改善されるのではありませんか。夏もクーラーで辛い思いをしているのならば、一度試しに受けると良いかもしれません。

効果を実感するためにも継続しましょう

せっかくの効果もずっと持続し続けるわけではありません。オゾン療法は定期的に通うことがポイントです。どれくらいの頻度で通うと良いのかは、最初は1週間に1度、その後は2〜3週間に1度の割合で構いません。こうして定期的にオゾン療法を受け続けることで、体質改善することができます。

これまで夏なのに室内では手や足が冷えて大変だった人もオゾン療法を受け続けいくことで、このようなことがなくなるでしょう。細胞の活性もされますし、きっと体調が良くなるはずです。現代人はストレスを感じることが多いですし、運動不足や偏食などであまり体調が良いと思っていない人が多いのかもしれません。便利な時代だからこそ、血液の状態が悪くなりやすいと言っても過言ではありません。

このようなことを実感しているのであれば、早速オゾン療法を受けてみてください。他の治療を組み合わせてより一層高い効果を目指すのも良いです。通院する頻度に関しては、人によっても違いがあります。実際にオゾン療法を行ってみて、どれくらいの効果が出てきたのかによっても変わりますから、最初のうちはしばらく1週間に1度通院すると思っていた方が良いかもしれません。

通院の頻度

カテゴリー
美容皮膚科 血液の流れを良くするメリット

血液クレンジングおける副作用

血液クレンジングはオゾン療法とも呼ばれ、大量自家血オゾン療法のことを言います。

患者から100CC~200CCほどの血液を抜き、その血液にオゾンガスを混ぜてオゾン化させます。

オゾン化した血液を再び患者の体内に戻す治療法です。
欧州では50年前から導入され日本でも20年以上前から使われています。

血液クレンジングは新陳代謝がよくなるため、冷え性が改善されます。
肩こりや頭痛など、慢性的な痛みに悩まされている方は痛みが楽になるという効果も認められています。

美容皮膚科で行える血液クレンジング

アレルギー・ガンの補助治療など、あらゆる面で血液クレンジングは活用されています。

副作用は基本的にはほとんどありません。
オゾンは人の身体には有毒ですが、危険なのは大量に濃度の高いオゾンを直接摂取した時だけです。

ただしオゾンの量が多かった場合は施術後にだるさを感じることがあります。
このだるさは、12~24時間程度で改善されるため心配ありません。

ドイツ・オーストリア・スイス・イタリアでも重篤な副作用は確認されていません。
副作用がほとんどないとはいえ、持病のある方は別です。

医師の診察を受け体調の変化があれば必ず相談しましょう。
より良い治療法が見つかることもあります。

ビタミン点滴とオゾン療法

ビタミン点滴は食事やサプリメント、化粧品から摂取するのが難しいビタミンCを、静脈から点滴で注入することによって補います。
静脈から直接注射することによって、高濃度のビタミンCを体内に取り入れることができるため高い効果が期待できます。

疲労回復・免疫力アップ・美白・美肌・エイジングケアもにも効果があります。
さらに抗ガン補助治療薬として取り入れるクリニックもあります。

健康・美容に効果があるだけでなく、ガン予防・治療に効果を発揮するため注目を浴びている方法です。
「オゾン療法 第2版」によれば、オゾン療法も同様にエイジングケア、疲労回復に有効とされている療法です。

料金の違いもあるためどちら自分に合っている方法かは、適切な医療機関において医師の判断を仰ぎましょう。

肩こりの悩み

オゾン療法は採血があります。再度自分の身体に戻すとはいえ、血を抜くのが苦手な方はビタミン点滴を選ぶという方法もあります。
どちらも、1度受けるだけで効果を実感できる療法ですが、定期的に受けることで効果を持続させることができ体質も改善されていくでしょう。

特に体質改善・何らかの疾患の治療・予防であれば、定期的にクリニックに通う必要があります。