発ガン物質以外にも美容や健康にも良いビタミン

ビタミン点滴にはいくつか効果が期待できますが、発ガン物質を無毒化することも期待できることのひとつです。

ビタミン点滴に含まれる成分のビタミンには、コラーゲンの合成を促進させる働きもあります。
身体の基礎となる栄養素はたんぱく質で、タンパク質の約30%をコラーゲンが占めており、皮膚や粘膜、血管、筋肉などを作る時に必要な成分です。

また体内で発生する有害な活性酸素を無毒化する働きもあります。
活性酸素は攻撃力の強く、細胞の老化を促進することでの心臓病やガンなど、生活習慣病を誘発する可能性もあります。

日常生活や仕事などでストレスを感じると、副腎からアドレナリンなど抗ストレスホルモンを分泌します。
ビタミン点滴にも含まれるビタミンには、抗ストレスホルモンの生成にも利用されています。

ストレスをなくす

ビタミン点滴は、骨を強くする作用も期待できます。
ビタミンによって作られたコーラゲンは骨の成分でもありますが、骨へカルシウムの沈着を促して骨を強くすることも可能です。

顔などにあらわれるシミのもとになるメラニンの生成を抑える働きもあるので、ビタミン点滴には、発ガン物質を無毒化するだけではなく、美容や健康にも効果的です。

正常細胞を守ってガン化を抑制

ビタミン点滴は正常細胞を守ることができるので、ガン化することを抑制することも期待できます。

点滴に含まれるビタミンには、胃ガンなどの原因となるニトロソアミンという発がん物質が体内で作られることを抑止します。
発生したニトロアミンに働きかけて無害化するだけではなく、抗ガン活性のある免疫物質を促進するため、ガンになりにくい体になることもできます。

ビタミン点滴には、コラーゲンの合成促進や抗酸化作用、免疫サポート機能などの作用もあるので、正常細胞を守ってガン化の抑制が期待できるのです。

ガンから身体を守る

 

ビタミン点滴の目的はガン化の抑制だけではなく、疲れがとれないという人や、免疫力を向上させたい時、風邪をひきやすい人やストレスがたまりやすい人、日焼けをする人、喫煙者や肌のトラブルがある場合などにも効果を発揮します。

この点滴に使用されるビタミンは、細胞を痛めないため副作用は殆どないので安心して利用することができます。

日々の生活の中でうけるストレスは多く、ビタミンは必須な成分です。

血管などで起こる過度な老化や、抗酸化力や免疫力を高めてガンなど病気に強い体を作るためにも、食事で摂取するだけでは不足気味なのでビタミン点滴を上手に利用することも良い方法です。

オゾン療法とはどのようなもの?

オゾン療法とは、ヨーロッパ諸国を中心に知られている治療法で、日本では2017年4月から開始されました。体にもたらす作用としては、疲労や肩こりなどの慢性症状の改善や効果を上げるなどがあり、多くの医師から支持されています。

また、病気の予防や治療のみならず、運動能力の向上や老化予防にも有効とされ、継続して行うことでより高い効果をもたらします。

健康に有効的

オゾン療法には2種類があり、100~200ccの血液を専用の瓶に採血し、それにオゾンガスを混合してオゾン化した血液を体の中に戻す「大量自家血療法」と、3~5ccの血液をオゾン化して、筋肉注射で体の各所に打つ「少量自家血療法」があります。

オゾン化した血液で本来ならば有害な作用をもたらす微量の活性酸素が体内に発生しますが、逆にストレスを与えることで人間が本来持つ抗酸化力が強化されます。

オゾン療法を行うことで血液が活性化し、ドロドロして血管内を流れにくくなっていた血液が浄化されてさまざまな体調不良を改善する効果があります。

血管は全身に張り巡らされており、細胞に栄養素を送り込んだり老廃物を掃除する役割を持っていますので、血液を浄化することは全身に良い影響を与えるのです。

オゾン療法の効果が期待できる疾患と副作用

オゾンによる作用で血液中の赤血球が全身の細胞に酸素を補給する「スーパー赤血球」に置き換わり、酸素化によって細胞が活性化されて免疫力や代謝をアップさせます。

また、血行が良くなるため日常生活によるストレスで溜まった活性酸素を除去したり、自然治癒力を高めます。効果が期待できる疾患にはアトピー性皮膚炎などの皮膚病全般から慢性疲労、肩こりと頭痛や腰痛、気管支ぜんそくなどがあり、他にも活性酸素が除去されることによるエイジングケアも期待できます。

また、オゾン療法は単独での治療ばかりではなく、さまざまな難病治療と併用することができます。特に抗ガン治療と併用すると、薬剤による副作用の軽減や効果増強がみられます。

オゾンに炎症を抑制する働きもあることから、疼痛管理にも効果を上げることが可能です。

気になるのが副作用ですが、オゾン療法の安全性に関する論文によると、副作用が発生する確率は0.0007パーセントと限りなくゼロに近い数値となっています。

研究結果

更に2000年以降はオゾン耐性シリコンの点滴材料が開発されているため、これまで日本において副作用の報告はありません。このような効果のあるオゾン療法は治療時間も30分程度であるため、定期的に治療を受けることが推奨されています。

冷え性で悩んでいるのならオゾン療法を

女性の中には冷え性で悩んでいる人がとても多いです。夏は暑いとは言え、屋内では冷房を使っていますからそれが原因で夏も手や足が冷たくなって不快な思いをしていませんか。クーラーを使わないと夏は暑いので快適に生活することはできません。とは言え、冷房が苦手な人にとっては辛いことではありませんか。最近では、男性も冷え性で悩んでいる人が増えていると言われているので、女性だけの問題ではありません。

男性の悩み

オゾン療法は、冷え性対策にぴったりなので悩んでいるなら受けてみると良いです。血液クレンジングとも言われています。一定の量を採決して、その血液に医療用オゾンを投与します。その血液を20分くらいかけて体内に戻すと言う方法です。黒かったのが赤い血液に変わるほど、劇的に状態が改善します。

血液の状態が悪くなっていることもあって血流が悪くなり、冷え性に悩まされているのでしょう。そういう人が、オゾン療法を受ければ体が冷えなくなります。血流が改善されますので、他にもいろいろな不快な症状を感じていた人も全てが改善されるのではありませんか。夏もクーラーで辛い思いをしているのならば、一度試しに受けると良いかもしれません。

効果を実感するためにも継続しましょう

せっかくの効果もずっと持続し続けるわけではありません。オゾン療法は定期的に通うことがポイントです。どれくらいの頻度で通うと良いのかは、最初は1週間に1度、その後は2〜3週間に1度の割合で構いません。こうして定期的にオゾン療法を受け続けることで、体質改善することができます。

これまで夏なのに室内では手や足が冷えて大変だった人もオゾン療法を受け続けいくことで、このようなことがなくなるでしょう。細胞の活性もされますし、きっと体調が良くなるはずです。現代人はストレスを感じることが多いですし、運動不足や偏食などであまり体調が良いと思っていない人が多いのかもしれません。便利な時代だからこそ、血液の状態が悪くなりやすいと言っても過言ではありません。

このようなことを実感しているのであれば、早速オゾン療法を受けてみてください。他の治療を組み合わせてより一層高い効果を目指すのも良いです。通院する頻度に関しては、人によっても違いがあります。実際にオゾン療法を行ってみて、どれくらいの効果が出てきたのかによっても変わりますから、最初のうちはしばらく1週間に1度通院すると思っていた方が良いかもしれません。

通院の頻度

オゾンの力を借りて行われる血液クレンジング

体内から少量の血液を取り出し、オゾンガスを反応させたものを
再び体内に戻す治療法はオゾン療法と呼ばれ、多くの医療機関で
美容や健康のために行われています。

オゾン療法は海外でも実績があり、いろいろな病気や体の不調を
緩和してくれる役割が期待されているのが現状です。

不調の緩和

現代医療では完治させるのが難しいアトピー性皮膚炎ですが、
オゾン療法を用いることで体の細胞を活性化してかゆみを
コントロールしたりかき壊した皮膚が再生するのを
サポートしてくれる役割が期待されています。

オゾンガスを血液に反応させることで、鮮やかな色によみがえった血液は
再び体内に戻すことで、体の細胞を活性化させたり活性酸素を
除去することができる役割もあるといわれているため、
アトピー性皮膚炎に悩む患者の間ではこの治療法が話題です。

色々な方法を試してもかきむしった傷が治らなかったり、
難治性のアトピー性皮膚炎のコントロールが難しいと
いわれている人たちは、治療薬で直すことができないため
体質改善のためにこの方法を取り入れています。

すべてのクリニックで扱われている方法ではありませんが、
多くの実績がある方法なので遠くから治療に通っている患者も多いです。

体質改善に役立つ治療法

アトピー性皮膚炎は、一定期間以上肌の炎症やかゆみが収まらない皮膚炎のことを
総称してそう呼ばれています。皮膚の乾燥やひどいかゆみが特徴です。

ステロイド外用剤である程度のコントロールはできますが、重症になると
かゆみや出血などで眠れなくなるほどの辛さも特徴となっています。

体質改善のために様々な健康食品や化粧品などが販売されていますが、
いずれも完治には至らないものが多いです。

そんな中で注目されているのが、体の細胞を活性化したり
活性酸素を除去することが期待できるオゾン療法です。

アトピー性皮膚炎は同じ環境にあっても体質によって
症状が出る人と出ない人がいるものですので、この体質改善をすることで
根治を期待することができます。

アトピー体質が良くなれば、同じ環境にいても症状が出なくなりますので
そうなると、薬を塗る必要もなくなります。

ステロイド外用剤の長期利用には様々なリスクが伴いますが、
オゾンガスを使った血液クレンジングで体内からクリーンな状態にすることで
体の内側からアプローチできるメリットがあります。

内側から変える

血液クレンジングができるクリニックでは、様々な疾患に対するアプローチで
この方法を活用しています。

ソララクリニックでオゾン療法(血液クレンジング)を受ける流れ

体の不調を改善するためには、食事の改善や生活習慣の見直しなどを
行うことはもちろん大切ですが、血液をきれいにすることも健康や
美容に良いとされています。

血液クレンジングは、オゾン療法とも呼ばれており医療用のオゾンを
血液には混ぜて反応させ、活性化させて体に戻すという治療です。

日本ではまだあまりなじみがありませんが海外ではポピュラーな
存在でアンチエイジングや疲労回復、さらに免疫力の向上など
様々な場面で活用されています。

医療機関を探す

オゾン療法を試してみたいという人は、まずは対応している医療機関を
探してみましょう。

最近は対応している医療機関も増えてきましたが、仙台で治療を
受けるならソララクリニックがおすすめです。

こちらのクリニックでは美容皮膚科・内科・形成外科が用意されており、
美容に関する治療も評判となっています。

ソララクリニックでオゾン療法を受けるのであれば、まずは
問い合わせを行いましょう。

問い合わせは電話やメールフォームから行うことができます。

問い合わせ

実際に治療を受ける場合は、クリニックに訪れてカウンセリングを
受けることがおすすめです。

安全性の高い治療ですが、新陳代謝を向上させる効果がありますので
甲状腺機能亢進症などの場合は治療が向いていない場合もあります。

この他にも妊娠中や出血傾向のある人にも向いていないうとされて
いますので、安全に治療が受けられるか判断してもらいましょう。

初回はG6PD検査も行い、安全に治療が受けられるかを確認していきます。

オゾン療法の糖尿病への効果|美容皮膚科

美容皮膚科で治療が可能なオゾン療法には
種類がありますが、その中でも特に知られているには
血液クレンジング療法です。

オゾン療法の血液クレンジングは糖尿病の治療と
同時に受けることで、合併症の予防や改善に効果的と
考えることができます。

予防と改善に効果的

糖尿病になってしまうことも良いことではありませんが、
合併症の進行には活性酸素と循環不全が関わっています。

血液クレンジング療法にはこの活性酸素と
循環不全の改善に効果的な療法なので糖尿病の治療と
同時に血液クレンジング療法を行なうことは良い選択です。

美容皮膚科で治療できるオゾン療法の血液クレンジング
療法は、血液を採り医療用オゾンガスを合わせることで
血液を活性化させて体に再度戻します。

これにより体の全部の細胞を活性化させる効果が期待でき、
自然治癒力を高めたり、健康改善、アンチエイジングで
老化防止などに効果が期待できる最先端医療です。

血液は酸素や栄養を体の隅々まで運ぶ役割がありますが、
ストレスや不規則な生活習慣、偏った食生活などで
血液がドロドロになり血流が悪くなると酸素を
栄養が体の隅々まで運ばれなくなってしまいます。

この状態では体に不調がでたり、肌の老化が進むなど
様々な弊害がでてきます。血液クレンジング療法で
血液を活性化させることで、血流が良くなって体の隅々まで
酸素や栄養を運ぶことができるようになります。

サラサラになる

慢性疲労や冷え性、腰痛や肩こりなどから、現代医療では
完治できないような難病まで有効な療法と言えます。

血液クレンジング療法はドイツが発祥で、ヨーロッパ各地、
イギリスなどでは40年以上の歴史のある療法です。

日本では知られつつありますが、副作用などは殆どなく、
古くからある治療法なので医学的に研究されていて
医学的にも安全な治療法です。美容皮膚科で治療可能な
オゾン療法の血液クレンジングは、糖尿病などの
病気以外にも、肩こり改善や美白や美肌など美容面、
若返りなども期待できる療法です。

オゾン療法で若さと健康の向上|美容皮膚科

血液には、全身の細胞に栄養と酸素を届けるという
重要な役割がありますが、偏った食生活や運動不足、
睡眠不足などの不規則で不健康な生活、ストレスや飲酒、
喫煙などが原因になってどろどろになり、全身の細胞に
栄養や酸素を運ぶという働きが低下してしまうことが
あります。

飲酒

血液は、体中の血管をめぐって体中の細胞に
栄養と酸素を運び、二酸化炭素や老廃物を排出するという
働きに加えて、体内に侵入したウィルスと戦ったり
体温を維持するという役割も担っています。

血液がどろどろになると流れが滞り、栄養や酸素が
体の隅々にいきわたらなくなるため、体の機能が低下し
細胞の代謝が悪くなって細胞のひとつひとつの働きが
低下したり、免疫力が低下する原因になります。

血液がどろどろになることで、大きな病気のリスクが
高まったり、細胞活動が低下したりする可能性が高くなり
細胞の酸化が進みやすくなるため肌が老化して
ハリや潤いを感じられなくなってしまうこともあります。

血液をオゾン療法でクレンジングすることで、
体の隅々にまで栄養と酸素を運び、細胞をさびさせる
活性酸素を除去することができます。

オゾン療法を受けると代謝が高まり、血液やリンパの流れが
良くなるので、老廃物の排出が促されたり、細胞の
ひとつひとつが正常に働いたりするようになるため
若さを保つアンチエイジング効果があることが
分かっており、人気の理由になっています。

美容皮膚科で、30分ほどの短い時間で気軽に受けることが
できることも人気の理由で、モデルやタレント、
美容関係者など美意識が高い人たちの間で
大変流行しています。

美容皮膚科

オゾン療法を受けると、女性ホルモンが刺激されて
肌のハリや潤いがアップしたり、デトックス効果が
あったりするだけでなく、頭痛や肩こり、倦怠感など
慢性的な悩みや冷え症などが改善すると口コミでも
大変評判が良い美容法です。

点滴をしている間に体や手足があたたまってきて
めぐりが良くなっていることを実感する人も多いようです。

オゾン療法で細胞レベルの活性化|美容皮膚科

オゾン療法は美容皮膚科で治療が可能で
細胞レベルの活性化が期待できます。

50年以上も前からドイツでオゾンを医療に
応用した療法は開発されていて、オゾンには
老化に伴い低下する体の様々な機能を
回復させる効果が期待できます。

体の個々の細胞の活性化、免疫力の強化、
抗酸化力の強化、末端循環の改善など
様々な活性化効果があります。

期待できる効果

オゾン療法には種類があり、血液とオゾンを混ぜて
体内に戻す血液クレンジング療法が知られていますが
他にも腸内オゾン、整形オゾンなど種類があります。

最も知られている血液クレンジング療法は、
若返りや健康を望んだり、毎日健康に過ごしたい、
病気で苦しんでいる場合などにおすすめの療法です。

血液は栄養や酸素を全身に運ぶ役割がありますが、
ストレスや不規則な生活習慣、偏った食生活などで
血液がドロドロになると、栄養や酸素は体に
運ばれなくなり、体の不調につながります。

オゾン療法のひとつである血液クレンジングで
ドロドロの血液を体の外に取り出して、オゾンで
洗浄すると血流がスムーズになる血液となります。

医療用のオゾンガスで血液に少量の酸化ストレスを
与えると体も本来持っている抗酸化力を高めることができ、
アンチエイジングで老化防止、健康の改善に効果が
期待できます。

若返りや美白や美肌などの美容目的で治療する
だけではなく、肩こり、冷え性、アトピー、
高血圧、動脈硬化、老化防止、慢性疲労、腰痛、
関節リウマチなど様々な目的で治療が可能です。

多様な治療目的

血液クレンジング療法で見込める効果については
ドロドロの血液ではなく血流が良くなるため
体の隅々まで酸素が行き渡り、血行が良くなり
抗酸化力や免疫力が高まり、細胞が元気になるので
より多くのエネルギーを作るようになります。

美容皮膚科でも治療が可能なオゾン療法は
細胞レベルの活性化が期待できます。

種類がありますが、その中でも知られているのは
血液クレンジング療法です。

アンチエイジングや健康のために治療をするのも
良い選択です。